バグリー
OFT トップページ


バルサBシリーズは台形のスクエアリップが特徴です。強いバイブレーションと、高い障害物回避能力を誇ります。

バルサBは50年のバグリーの歴史の中でいちばん最初に発売されたクランクベイトです。1973年に発売され、実に30年以上もの間、釣れるクランクベイトとして活躍しています。

しかしバルサという素材の性質上、時代とともに少しずつ形が変わり販売されてきました。近年、オールドのバグリーがアメリカのトッププロたちの間でシークレットとして使われていることがたいへん話題となっています。

しかし現在ではそのオールドバグリーを入手することはたいへん困難になり、プロ達からもオリジナルモデルを復刻して欲しいという声が絶えませんでした。特にこのバルサBシリーズは愛用者も多く、たくさんの要望を受けていました。

そして製造上のさまざまな問題をクリアし、50周年と言う節目をむかえる今年、アメリカのプロ達、そして生前のジム・バグリー氏のアドバイスを元にオリジナルモデルのバルサBが、ジム・バグリー氏が作った当時の形で復活です。

まずは使用するバルサ材の厳選からはじまりました。バルサは非常にデリケートな性質を持ち、天候や木の部分部分によって硬さや浮力が全く変わってきます。その中からシャロークランクとしてバルサBに最適な高浮力な場所のみを厳選しました。ラインアイとリアのフックハンガーには当時と同じく、柔らかく径の細い軽量の真鍮を使用しています。

すでにアメリカではバグリー・プロスタッフのトミー・マーチン、ウーデイビスをはじめ、多くのトーナメントプロが使用し、好釣果をあげています。

31年も前に、すでにこれほどまでに完成されたクランクベイトを作り出していたジム・バグリー氏のこだわりが感じられる一品です。



バルサBが発売された当時のカタログ。オリジナルモデルはバルサB3でした。