ヒロイズム ベイトロッドシリーズ
OFT トップページヘ
なめらかなパワー伝達を可能にした
POWER BUTT SYSTEM
(パワーバットシステム)
ブランクスのバット部の最大径を13mmとし、フラットな部分からつづく約80mmのテーパーがスムーズなパワー伝達を可能にしています。キャスト時とフッキング時にはグリップ→ティップへ、逆にアタリやルアーの動きなどの情報はティップ→グリップへとスムーズに伝えられます。
ロッドワークのために
洗練されたグリップデザイン
グリップデザインはジャーキング、トゥイッチング等、ロッドワークで魚を誘う時に最も使いやすいよう設計しました。ベイトモデル、スピニングモデルともフォアサイドには指を掛けやすいくぼみを設けてあります。

価格

長さ

lure wt.

line wt.

 ジャーキング55B ライト

\26,500

5'5"

1/8〜3/8oz.

6〜14lb.

ジャーキングはリアクションバイトを引き起こしやすいテクニック。このモデルがフィッシングプレッシャーの高いエリアで使うことの多い、3インチから4インチの比較的小さめのジャークベイトをもっとも効率よく動かせるロッドとして設計しました。ボーマー社の13Aを使ってみればその完成度の高さを理解していただけるでしょう。
 スロートップウォーター60B ミディアム

\28,000

6'

1/4〜5/8oz.

8〜16lb.

トップウォーターの中でも比較的ウェイトのあるプラグを主体に考えたロッドです。食い渋るバスに対してスローなリズムでルアーをアクションさせることもなども考え、若干スローテーパーぎみのアクションに仕上げました。ラインのスラックをうまく活用して、ペンシルベイトを左右に大きく振らせるドッグウォーキングを容易にこなせます。
 ジャーキング62B ミディアムライト

\28,500

6'2"

1/6〜1/2oz.

6〜14lb.

ミノーの小さなリップにかかる水圧によって、ルアーに初めて命が吹き込まれるわけですが、小さなリップに最適な動きを出すための水圧の許容範囲は思っているよりも狭いものです。このロッドでは4インチから5インチサイズのミノーを最も効率よく動かせるようにファーストテーパーでありながら、ロッドのパワーをミディアムライトくらいまで上げました。ジャーキングやトゥイッチングで大事なことは、いかに死にそうな小魚の動きを演出してやるかです。そんな動きを作り出すことを第一に考えました。
 ライトテキサス64B ミディアムライト

\29,000

6'4"

1/8〜3/8oz.

6〜16lb.

フィッシングプレッシャーの上がりやすい場所では、どうしても沈下率の低いワームのプレゼンテーションが効果的です。必然的にシンカーは軽くなり、ロッドが硬すぎるとうまくいかなくなります。このモデルは1/8〜3/16oz.を多用するシチュエーションを考慮しました。シンカーが軽くても、ラインを太めにしてランカーに備えたいものです。
 スピナーベイト66B ミディアム

\30,000

6'6"

1/4〜5/8oz.

8〜18lb.

究極のスピナーベイトロッドを考えたとき3つの要素が不可欠です。1つは1/4〜1/2oz.をカバーすること。2つ目はウイローリーフの8番ブレードを使ってもパワー負けしないこと。そして3つ目はマシンガン・フィッシングといわれるようにキャスティング回数が増えるこのスタイルの釣りで、正確なショートピッチが可能なことです。この3つの条件を念頭におき、完成させました。
 ピッチング/ヘビーテキサス67Bミディアムヘビー

\31,000

6'7"

1/6〜3/4oz.

8〜20lb.

ヒロ内藤がワームを主体としたロッドに求めたものは感度の良さ、シャープなフッキングを可能とするロッドティップ側のパワー、そしてランカーをカバーから強引に引き離すためのバット部のパワーです。この3要素を見事にクリアしました。また重めのジグでもシャープに動かせるように先調子でありながらロッド全体に張りを持たせました。
 ピッチングスパイラル67B ミディアムヘビー

\31,000

6'7"

1/6〜3/4oz.

12〜25lb.

スパイラルロッドのコンセプトは振り込み時にラインがロッドに絡まず、ファイティング時にはラインの強度を最大値まで引き出せること。振り込みのスタイル(ピッチング)を行うアングラーにとっては究極のカタチです。重めのジグを使ってもルアーアクションがロッドワークより遅れることがないようにロッド自体にパワーを持たせています。
 ミディアムクランク71B ミディアムヘビー

\32,000

7'1"

3/8〜3/4oz.

6〜18lb.

ボーマー社の6Aシリーズをはじめとした水深2〜3.5mをカバーするクランクベイトで果敢に攻めるためのモデルです。ディープ側を攻めるときにはクランクベイトがボトムや障害物などに確実にぶつかっている感触を感じとる必要があります。そこでクランクベイトロッドでもファーストテーパーぎみに設計し、感度アップを図りました。
 ロングピッチ72B エキストラヘビー

\33,000

7'2"

1/4〜1oz.

12〜30lb.

アメリカのバスプロたちがもっとも好んで使うピッチングロッドは7フィート半が主体です。アメリカ人並の背丈の人はそれでよいとしても、平均的な日本人の体型を考慮し、効率の良い究極の長さを追求すると7フィート2インチという結論に達しました。4インチの違いはトルク負けを起こさず、ウェイトバランスにも優れたものになりました。