ヒロイズム A.I.R.シリーズ 2003モデル
OFT トップページヘ


チタンフレームSiCガイド採用
軽量化を可能にした小口径ガイドによって驚くほどに感度がアップ。A.I.R.独自のガイドシステムによってロッドの性能を最大限に引き出します。

HIROismから受け継いだグリップデザイン
HIROism同様フォアグリップには指を掛けやすいようくぼみを設けました。ジャーキング、トゥイッチング等のロッドワークで魚を誘うときに、最も使いやすいようにとこだわりました。グリップはFuji TCSシートを採用。

高級感を奏でるエンブレム
グリップエンドには高級感あふれるエンドキャップを装備。デザインだけでなく絶妙なロッドバランスをも生み出しています。A.I.R.全機種に採用。

AC666とAC707はセパレートグリップ仕様。
フリッピングやピッチング時に腕や肘にグリップが干渉しないように
計算し尽くしたデザイン。
フォアグリップに設けられたくぼみにより、わずかなロッド操作も可能。
ちょとしたことだが、このわずかなくぼみに指を掛けるだけで微妙なロッドワークも容易に出来てしまう。ヒロのこだわりの一つだ。
セパレートグリップの
センターには
ヒロ内藤氏の代名詞
「LUER THE SPIRIT」
文字とサインが。



ヒロイズム A.I.R.“ベクター” \39,000
  • ヒロイズムのジャーキング55をベースに、もう少しロッドに張りを持たせることによって使用ルアーサイズをもう少し大きくすることが出来るようになりました。トゥイッチやジャークでのルアーの動きにシャープさを出しやすくなり、同時にパワーレンジもその分若干狭くなっています。つまり、ロッドワークでの振りよりも戻しのタイミングを早めにしていかないと無駄が出てします。ジャーキング55のステップアップモデルと思っていただければ良いでしょう。


ヒロイズム A.I.R.“カプリコーン” \39,000
  • ボートで釣りをするアングラーならば“バンク・バーナード・メッソッド”っと言う言葉を聞いたことがあると思います。そのまま和訳をすると岸を燃やす方法ということになります。これはそのくらい速いテンポで目の前に広がるポイントをスピーディーに端から端まで全てたたいていく方法を指します。エレキを中速以上で踏みっぱなしで攻めていく、スピナーベイトなどでよく行われるアプローチのひとつの方法です。手返しをよくするためにバットは短めに、キャスティングの精度を上げるためにもロッドは短めで硬めに設定しました。


ヒロイズム A.I.R.“ウィザード” \39,000
  • オカッパリをやっていると、機動性を考えれば当然1本のロッドが最適なのですが、使うルアーのことを考えるとどうしても複数のロッドを持って行きたくなります。オールラウンダーという言葉は僕の中ではいつも中途半端と思えたのですが、機動性を考えた場合のオールラウンダーとしてのバランスの限界を追求してみました。トップからミノー、スピナーベイトそしてワームと使えるルアーの範囲も広いのですが、通常のオールラウンダーよりは少しファーストテーパー気味になっています。これはあくまでも、ルアーを動かすという操作性にこだわったからです。


ヒロイズム A.I.R.“バウンス” \43,800
  • ラバージグやテキサスリグでの使用をメインにデザインしました。とにかくこのロッドに求めたものは“感度の良さ”だ。ショートバイトをも劇的に感じ取り、底質や細かい変化が手にとるようにわかるロッドを求め、調子を限界まで先に持っていき、テイップには繊細さをそしてバットにはヘビーカバーからランカーを引きずり出すことができるパワーを求めました。またウイードが水面近くまで伸びたエリアでスピナーベイトを引くときにもお勧めです。トルクフルなビッグブレードのスピナーベイトでもロッドが力負けするようなことはありません。フリッピングやピッチング時に腕や肘にグリップが干渉しないように計算し尽くしたセパレートグリップ仕様です。


ヒロイズム A.I.R.“ヴァンガード” \39,800
  • このヴァンガードでは、キャスト回数の増えるファーストムービング系の釣りを、1日中疲れることなくこなせることを基本コンセプトにデザインしました。スピナーベイト、バイブレーション、シャロークランク、バズベイトといったファーストムービング系のルアーを主体にゲームを組み立てていくと時には1日千回以上のキャストをすることがある。その時重要になってくる要素は、ロッド自体の軽さ、疲れにくいロッドバランス、シャープに振りぬけること、ピシッと止まって高精度なキャスティングアキュラシーを発揮することだ。このロッドではすべての要素においてかなり高得点を得られました。もちろんパワフルなフッキングと60を超えるバスにも主導権を与えないバットパワーを持たせてあります。


ヒロイズム A.I.R.“ブルート” \45,000
  • 「一日中フリッピング&ピッチングを繰り返しても疲れないロッド」という設定で長さは7フィートにたどり着きました。A.I.R.シリーズ一のパワーを誇る最強モデルです。カバーの奥深くで掛けたバスを瞬間に引きずり出せるパワーと繊細なロッドワークが可能な操作性を兼ね備えています。感度を重視し、出来るだけ軽い仕上げにするため高弾性の素材を採用、胴にしっかりパワーを持たせるためレギュラーテーパーに設定。クリークチャブ・パイキーなどのビッグプラグやスイムベイトなどの自重のあるルアーでも重みをロッド全体で受け止め、ロングキャストが可能。楽にリトリーブできます。片手でのロッドワークも楽に行える7フィートとは思えない操作性と驚異的なブランクスパワーを体感できます。フリッピングやピッチング時に腕や肘に干渉しないよう計算し尽くしたセパレート仕様です。


ヒロイズム A.I.R.“ネプチューン” \42,000
  • 「ヒロナイトウスペシャルのころからロングロッドにこだわったのは利便性の高いテレスコピック仕様であること、そしてテレスコピックながらワンピースロッドと変わらないパワーとアクションそして軽さを持たせることでした。A.I.R.シリーズを立ち上げた段階で最も早くから企画し、開発、テストを繰り返してきましたが、やっと納得のできるロッドに仕上がりました。このロッドをつくる上で第一に考えたのは水深20フィートをカバーすることです。ファットフリーシャッド(BD7F)などのディープクランクの限界潜行深度を楽にクリアでき、ニーリングも効果的にこなせ、しかも疲れないロッドであること。その秘訣は7.8フィートという長さです。このロッドの長さを生かした遠投能力は驚異的です。またハンドルを40cmと通常のクランキングロッドより、思い切って長くしました。トリガーに指を掛けた状態でグリップエンドを楽に肘で挟むことができるので、ニーリングも楽に行え、フッキングもパワフルに行えます。調子は感度を重視し、ファーストテーパーに仕上げました。テイップで吸い込ませるのではなく、テイップでわずかなあたりをも逃さず感じ取り、フックアップする。そのためのファーストテーパーと繊細なテイップデザインです。ロッドを縮めたときにブランクを固定できる特殊硬質ゴム製ブランクストッパーを装着しました。釣り場の移動や車からの出し入れなど持ち運びまたはストレージへの収納にたいへん便利です。